過払い金請求とは

過払い金請求とは貸金業者に返済をしたお金のうち、利息制限法の上限を超えて支払われた払いすぎた利息(超過利息)を取り戻すことです。

2006年に最高裁判所において、グレーゾーン金利(利息制限法の利息の上限を超え、出資法で定められた上限金利の間に存在する年利20.0~29.2%の金利のこと)については無効とするという判決が出ました。

しかし、多くの貸金業者では金利の再計算をせずに、そのまま債務者から借入金の返済を受け続けたため、グレーゾーン金利を支払った債務者から「払いすぎたお金を返還してほしい」という訴えが裁判所に対して起こされるようになりました。

この払いすぎたお金のことを「過払い金」といい、2006年から2020年の現在に至るまで過払い金請求が大きな注目を浴びています。

過払い金とは

過払い金とはカードローンやキャッシングなどの借金で、貸金業者に対して支払い過ぎた利息のことです。

消費者金融やカード会社は、グレーゾーン金利を利用して、利息制限法の上限を超えた利息を違法に取り続けてきました。そのため、長期間にわたって借金の返済を続けた人には、過払い金が発生している可能性があります。

過払い金請求により借金が減ったり、借金がなくなった上にお金が手元に戻ってきたりします。

過払い金が発生する仕組みとは?

借金の際には金利がつきますが、金利の上限は利息制限法という法律により借りた金額に応じて15%~20%と定められています。

しかし、利息制限法の上限金利(15%~20%)を超えていても刑事罰が科されません。そして、出資法という別の法律では金利の上限は29.2%と定められており、出資法を守らない場合には刑事罰が科されます。そのため、多くの貸金業者2006年に最高裁判所での判決が出るまでの間、利息制限法の上限金利(15%~20%)を超え、出資法の上限金利(29.2%)を超えない金利(グレーゾーン金利)で貸し出しをしていました。

グレーゾーン金利

このようにグレーゾーン金利は無効であるはずなのに刑事罰が科されない金利であり、貸金業者はグレーゾーン金利を利用して違法金利を追っていました。過払い金とはグレーゾーン金利のことともいえます。

2010年の改正貸金業法の施行により2010年以降の借り入れに対して過払い金が発生することはありませんが、2010年以前に借金をしたことがある人は2020年になった今からでも手続きを取ることでお金を取り戻すことが可能です。

過払い金の発生する条件

前述したように過払い金は2010年以前に借金をしたことがある人には誰でも発生する可能性があります。

しかし、2010年以前に借金をすれば誰でも過払い金が発生するというわけではありません。

過払い金請求は次の2つの条件を満たす場合に行うことができます。

2010年6月17日以前に借金をしたことがある

2010年(平成22年)6月18日に改正貸金業法が施行されました。これにより出資法の上限金利は20%となり、グレーゾーン金利による貸し出しはなくなりました。

そのため、2010年6月18日以降の借り入れに対して過払い金が発生することはありません。

多くの貸金業者は2007年頃に自主的に金利引き下げを行っているため、2007年よりも前に借り入れをしたことがある人には特に過払い金が発生している可能性が高いといえます。

借金を完済してから10年以内の方

2010年6月17日以前に借金をしたことがあれば過払い金が発生する可能性があります。しかし、過払い金請求には期限があり、借金の完済後10年が経過すると時効が成立してしまい過払い金が取り戻せなくなります。

さらに、民法改正により2020年4月1日以降に完済した場合には、権利が行使できることを知ってから5年というものが追加されています。

時効が成立してしまうと過払い金があっても取り戻せなくなります。もし自分にも過払い金があるかもしれないと思った場合には、さくら事務所にご相談ください。さくら事務所は過払い金請求に関する質問は何度でも無料で受け付けております。

借金返済中でも過払い金請求できます

過払い金請求は借金を完済してから行うものと思っている方もいますが、過払い金請求の手続きは借金返済中であっても行うことができます。

借金返済中に過払い金請求を行うことで返済や督促を一時的にストップさせることができますし、過払い金により借金を大幅に減額したり、借金をゼロにしてお金が手元に戻ってくるということがあります。

自分にも過払い金があるかもしれないと思ったらすぐに弁護士や司法書士に相談するようにしましょう。

借金を完済した人は過払い金請求のデメリットがありません

借金を完済した人が過払い金請求をする場合にはデメリットがほとんどありません。

過払い金請求によりブラックリストに載ることを懸念される方が多くいらっしゃいますが、借金を完済している場合にはブラックリストに載ることはありません。

ただし、完済している場合には完済から10年で過払い金請求の期限が終わってしまいますので、お早めに弁護士や志保書士にご相談ください。

過払い金請求は弁護士でも司法書士でもできます

過払い金請求は弁護士でも司法書士でも行うことができます。

過払い金請求における弁護士と司法書士の大きな違いは、弁護士には取扱金額に上限がないのに対し、司法書士には140万円以下の案件に限るというものがあります。

しかし、過払い金請求を弁護士に依頼する方が有利ということではなく、過払い金請求をする場合には事務所の実績を見るべきでしょう。

過払い金請求を相談するなら実績豊富なさくら事務所にご相談ください。

なお、どのような事務所を選べばよいのかが分からない場合には過払い金請求の事務所選びの基準は何か?をお読みください。

過払い金請求できる貸金業者の例

グレーゾーン金利で返済をしたことがあればどのような貸金業者であっても過払い金は発生します。

ここでは特に過払い金の発生が多い貸金業者をご紹介いたします。

もし以下のような貸金業者から借り入れをしたことがある場合には、さくら事務所にご相談ください。

もちろん、上記以外の貸金業者やカード会社であっても過払い金が発生していることはあります。まずはさくら事務所の無料相談をご利用ください。

過払い金請求のメリットとデメリット

過払い金請求のメリットは借金を減らしたり、お金が戻ってくることです。対して、過払い金請求のデメリットはブラックリストに載ることと請求した貸金業者からの借り入れができなくなることです。

ただし、必ずブラックリストに載るというわけではなく、借金返済中に過払い金請求手続きを行い、取り戻した過払い金で借金が完済できない場合に限ります。自分が過払い金請求を行った時にブラックリストに載るかどうかは事前に確認できますので、まずは無料相談をご利用ください。

過払い金返還請求のメリット

過払い金返還請求のデメリット

過払い金請求には通常、大きなデメリットはありませんが、借金返済中に過払い金請求を行い、戻ってきた過払い金を使っても借金が返し終わらない場合にはブラックリストに載ります。

また、過払い金請求を行った貸金業者からは今後お金を借りることができなくなります。ただし、他の貸金業者や金融機関からであれば借り入れをすることはできますのでご安心ください。

過払い金が返還されるまでの流れ

さくら事務所にご依頼いただいた場合の過払い金請求の流れをご紹介いたします。

自分には過払い金がどのくらいあるのかは気になるところです。過払い金請求の流れの最初の段階で引き直し計算をするので、引き直し計算が終われば過払い金がいくら発生しているのかが分かります。

取引履歴を取り寄せてからでないと正確な過払い金がいくらなのかはわかりません。

過払い金請求の基礎知識

過払い金の時効は10年

過払い金請求はいつまでもできるというわけではなく、貸金業者との最終取引(完済日)から10年で時効となりお金を取り戻せなくなります。

もし2010年に借金を完済した場合には2020年までに過払い金請求の手続きをしないとお金が戻ってこないことになります。

自分の借金をいつ返したか覚えていない場合であっても弁護士や司法書士であれば調べることが可能です。まずはさくら事務所の過払い金無料相談をご利用ください。

※2020年4月1日の民法改正により、過払い金請求の時効は「最後の返済日から10年」または「権利が行使できることを知ってから5年」と変更されました。

キャッシングの過払い金請求について

過払い金請求と聞くとクレジットカードによる借入については過払い金請求の対象外であると思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、クレジットカードによる借り入れでも過払い金請求をすることは可能です。

ただし、クレジットカードで過払い金が発生するのはキャッシングの場合に限られ、ショッピングのみを利用している場合には過払い金は発生しません。

これはキャッシングは借金と扱われるのに対し、ショッピングは立替金と扱われるためです。

自分のカードの利用歴がキャッシングかショッピングか分からない場合であっても、さくら事務所の過払い金無料相談にてお調べすることが可能です。まずはお気軽にお問い合わせください。

過払い金請求の解決事例

さくら事務所では過払い金請求における様々な解決事例がございます。

自分にも過払い金があるかもしれないけれど、貸金業者を覚えていなくても過払い金請求で来たケース、もう時効になっているかもしれないという場合でも過払い金請求できたケース、借金返済中に過払い金請求を行うことで返済が楽になったケースなどがございます。

詳細は過払い金請求の解決事例をご確認ください。