個人再生の解決事例

さくら事務所では相談者様の気持ちを第一に考えて解決方法をご提案しております。

さくら事務所に個人再生の相談をされて、解決した事例をご紹介いたします。

個人再生と過払い金請求を行い解決した事例

依頼人 借入の相手 借入金 個人再生後の借金 手続き後の返済額
30歳代女性 消費者金融5社、信販会社2社、銀行1社 550万円 100万円 月2.6万円
この事例の概要
病気による治療のための通院費や薬代を支払うため消費者金融や信販会社から借り入れをしていました。治療のために仕事をしていない時期もあり、さらに銀行からも借り入れを行った結果借金が550万円になりました。当初は自力での返済を続けていましたが収入に対し借入額が多すぎるため、借金を返済するために借金をする自転車操業に陥り、自力での返済は困難だと判断しさくら事務所に相談に来られました。
解決まで
収入がそれほど多くなく、自宅や自動車などの財産もなく自己破産により借金を全額免除してもらうという方法もありますが、借金を免除してもらうと金融会社に大きな迷惑が掛かるので可能な限りは自分で返済したいという本人の強い要望により個人再生による手続きを進めることになりました。
過去の返済状況を確認し、利息制限法の上限金利で引き直し計算を行ったところ、消費者金融2社で約100万円の過払い金が発生していることが分かり、さらに個人再生を行ったことにより借金は100万円まで減額することができました。個人再生により返済額も3ヶ月に1度80,000円(1ヶ月換算で約27,000円)となり、毎月の収入からでも返済可能となりました。

個人再生とは

過払い金請求とは

解決に要した期間
約10ヶ月

個人再生でも過払い金請求はできます

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産などがありますが、どの手続きであっても弁護士や司法書士に依頼した場合にはまずは過去の借金を調査することから始めます。

過去の借金を正確に調査し、金利を計算し直すことで実は過去に払いすぎていた利息(過払い金)があることが分かることもあります。今回のケースでは過払い金が100万円程ありましたので借金を減額することができましたが、場合によっては過払い金が借金額よりも多く、個人再生の相談に来たが過払い金請求だけで解決したという事例もございます。

債務整理をするとどの方法であってもブラックリストに載るというデメリットがありますが、過払い金請求だけであればブラックリストに載ることもなく、ほとんどデメリットはありません。自分にはどの程度の過払い金があるのか、本当に個人再生が最適なのかなどを検討するためにも早めにさくら事務所にご相談ください。

相談は何度でも無料

まずはお気軽ご相談ください!

お電話で無料相談はこちら0120-151-022

自己破産できなくても個人再生で解決できる事例

依頼人 借入の相手 借入金(ショッピング含む) 手続き後の金額 手続き後の返済額
40歳代 男性 消費者金融3社
信販会社2社
600万円 120万円 月3.5万円(36回分割)
この事例の概要
当初は身の回りの生活用品を購入するために「すぐに返済すればいいか」と軽い気持ちでカードショッピングを利用し始めたそうです。しかし、そのうちカードで買い物をしてもリボ払いをすれば月々の返済は少額だと思い、次々に買い物や旅行などでカードを使いました。気づいた時には複数のカードでの利用枠はいっぱいになり、消費者金融からも多額の借り入れをしていることになり、それでも返済を続けていましたが借金が多すぎてどうにもならず、さくら事務所に相談に来られました。
解決まで
借金が高額で自力返済ができない場合には自己破産をすることで借金問題を解決するという手段があります。しかし、自己破産には免責不許可事由といって特定の事柄が理由で借金をした場合には認められないというものがあります。今回の相談者様がこれにあたり、浪費や遊興費で借金を作ったため自己破産はできないと判断し、個人再生により借金を整理することとしました。
借金とショッピングを合わせると600万円の債務がありましたが個人再生を行うことで借金を120万円まで減額することができ、毎月の返済額は35,000円、支払い期間は3年間で再生計画を立てることができました。

個人再生とは

解決に要した期間
約8ヶ月

自己破産できない場合でも借金問題は解決できる

借金問題を解決する方法には大きく過払い金請求と債務整理の2つの方法があります。しかし、過払い金は誰にでもあるわけではありません。債務整理には4つありますが、ほとんどの場合には任意整理、個人再生、自己破産の3つのいずれかを選択します。

借金の額と収入によってどの方法を選ぶのかはわかりますが、自力での返済が可能であれば任意整理、自力では難しければ自己破産を選択し、自己破産ができない場合や自宅を残したい場合などには個人再生を選ぶことが多いです。

今回のケースでは借金の理由が浪費や遊興費ということもあり、自己破産が認められない可能性が高いと判断し、個人再生を選択しています。個人再生を利用することで借金を大きく減額して分割払いをすることができますので、自己破産はできないが借金が高額で自分では返済しきれないという場合に効果的です。

プロフィール
代表司法書士 坂本孝文
  • 司法書士法人さくら事務所
  • 代表司法書士 坂本孝文
  • 東京司法書士会所属:登録番号4535号

さくら事務所の使命は借金問題で困っている方が幸せな生活を取り戻すためにサポートをすることです。

法律相談に対して「敷居が高い」と感じる方が多いのが現状ですが、私たちはお客様が安心してご相談できる環境を創っていきたいと考えております。

司法書士法人さくら事務所では累計で4万件を超えてる過払い金や債務整理などの借金問題についてのご相談をいただいております。 ぜひお気軽にご相談ください。

相談は何度でも無料

まずはお気軽ご相談ください!

お電話で無料相談はこちら0120-151-022