過払い金請求でトラブルになりやすい弁護士や司法書士とは?

過払い金請求する際は、弁護士や司法書士に依頼することが一般的です。その方が過払い金請求の交渉はスムーズですし、取り戻せる金額が大きくなるケースが多いからです。

しかし、悪質な弁護士や司法書士事務所に過払い金請求を依頼すると、トラブルに発展するケースもあるので気を付けましょう。

この記事では、過払い金請求でトラブルになりやすい弁護士や司法書士の特徴、およびトラブルに遭わないための方法について解説していきます。

過払い金請求でトラブルになりやすい事務所の特徴

過払い金請求でトラブルになりやすい事務所の特徴は以下の通りです。

詳しく解説します。

事務員としか話す機会がない

まずは、事務員としか話す機会がない事務所はトラブルになりやすいです。言い換えると、弁護士や司法書士が対応してくれない事務所には注意しましょう。

多くの弁護士や司法書士事務所では、過払い金請求について無料で相談を受けています。そのため、「とりあえず相談してみよう」と思う人も多いです。

その際、相談相手が弁護士や司法書士の有資格者なのかどうかはきちんと確認する必要があります。その理由を以下より解説します。

弁護士は面談する必要がある

電話対応を事務員に任せている事務所は少なくないです。それ自体は問題ないのですが、最後の最後まで弁護士や司法書士が出てこないのは問題です。

というのも、たとえば弁護士であれば日本弁護士連合会の規定で、過払い金請求の依頼者(債務者)と面談しなければいけないからです。

また、過払い金請求に関しては詳細な状況を相談しないと、以下のようなことが分かりません。

これらを正確に判断できるのは、事務員ではなく弁護士や司法書士などの有資格者です。

そのため、過払い金請求の相談をする際に詳細状況まで事務員に対応させる事務所であれば、誠実な事務所か疑わしいでしょう。

無資格者に対応させていた事例もある

現に、無資格の事務員に債務整理手続きをさせていたことで有罪判決を受けた弁護士事務所が存在します。

当たり前ですが、無資格の事務員が貸金業者と交渉することで、依頼者の不利益になるリスクが高まります。

というのも、無資格者の事務員であれば交渉にも慣れていませんし、法律に基づいた交渉ができないからです。

そのため、相談している相手が弁護士や司法書士などの有資格者かどうかは非常に重要です。

少なくとも詳細な状況をヒアリングする際に、弁護士や司法書士が出てこないとトラブルになるリスクは高いといえるでしょう。

過払い金請求の費用について説明がない

次に、過払い金請求の費用について説明がない事務所もトラブルになりやすいです。過払い金請求の費用は事務所ごとに異なりますが、項目および目安金額は以下の通りです。

特に注意すべきは、成功報酬と減額報酬になります。以下より、「成功報酬のみ請求するパターン」と「成功報酬と減額報酬どちらも請求するパターン」を解説していきます。

今回解説する事例は、過払い金が150万円で借金が50万円の場合です。この場合、過払い金と借金は相殺されるため、取り戻した過払い金は100万円になります。

その際の費用は以下の通りです。

成功報酬のみ請求するパターン

まず、成功報酬のみ請求するパターンの場合、費用は以下になります。

要は、返還される過払い金から成功報酬20万円が差し引かれるので、依頼者には80万円が返金されるということです。

成功報酬と減額報酬のどちらも請求されるパターン

一方、成功報酬と減額報酬のどちらも請求されるパターンの場合、費用は以下になります。

前項に加えて減額報酬5万円が上乗せされるので、依頼者には75万円が返金されます。

このように、過払い金請求の費用について説明がきちんとされないと、依頼者にとって予期せぬ費用を請求されるのでトラブルになりかねません。

そのため、過払い金請求の費用については上述した費用項目と目安金額を頭に入れつつ、弁護士や司法書士事務所へ相談するようにしましょう。

勧誘がしつこい

勧誘がしつこい事務所もトラブになりやすいです。上述したように、過払い金に関する相談は無料の事務所も多いため、軽い気持ちで連絡する方も多いでしょう。

もちろん過払い金の心当たりがあるなら、気軽に相談して問題ありません。しかし、しつこく契約を迫る事務所もあるので、どの事務所に相談すべきか見極める必要はあります。

相談は何度でも無料

まずはお気軽ご相談ください!

お電話で無料相談はこちら0120-151-022

過払い金請求でトラブルになった事例

前章で、過払い金請求でトラブルになりやすい事務所の特徴が分かったと思います。この章では、実際に過払い金請求でトラブルになった、以下事例について解説していきます。

なお、過払い金請求のトラブルに遭わないための対策は次章で解説します。まずは、トラブル事例を知っておきましょう。

高額な費用を請求される

1つ目のトラブルは、高額な費用を請求されるという事例です。具体的には、以下のような追加料金を請求されたというトラブルがあります。

上記のような費用を請求されると、優良な事務所に依頼したときよりも少ない金額しか返金されないということです。

利益にならないと後回しにされる

2つ目のトラブルは、利益にならないと後回しにされるという事例です。というのも、過払い金請求の費用は「返還される金額の20%」という成功報酬があります。

言い換えると、弁護士や司法書士事務所にとっては、返還される金額が高額なほど利益になるということです。

そのため、取り戻せる過払い金が高額な案件を優先して、少額な案件は後回しにされる可能性があるのです。

そうなると、いつまで経っても交渉が進まない…というトラブルに発展するリスクがあります。

取り戻した金額を教えてもらえない

3つ目のトラブルは、取り戻した金額を教えてもらえない事例です。

貸金業者と和解が成立し過払い金が返還される際は、以下のような項目が記載された明細を事務所から受け取るのが一般的です。

しかし、悪質な事務所だと上記のような明細を発行しないことがあります。

というのも、過払い金請求を弁護士や司法書士に依頼すると、交渉を含めたすべての手続きを任せることができます。言い換えると、依頼者は交渉の内容を知りません。

その点を悪用して、明細を不透明にすることで自社の利益を大きくしようとする事務所が存在するというわけです。

契約時と説明が違う

4つ目のトラブルは、契約時と説明が違うという事例です。

というのも、契約時に「うちの事務所なら○○万円は取り戻せます」と言っていたものの、実際に取り戻せた金額は契約時に言っていた金額を遥かに下回った…というケースがあるのです。

理由は、以下のようにいくつか考えられます。

いずれのケースでも、優良な事務所に依頼したときに比べて、取り戻せる過払い金が少額になったということです。

勝手に和解された

5つ目のトラブルは、勝手に和解されたという事例です。一般的に貸金業者が返還する過払い金率は、話し合いによる和解だと50%~80%ほどです。

弁護士や司法書士は、貸金業者に提示された返還率をいかに引き上げられるかが腕の見せ所といえます。

ただ、交渉すればもっと過払い金の返還率を上げられたのに、交渉を早く終わらせるために勝手に和解してしまうという事例もあるのです。

ブラックリストに載ってしまった

6つ目のトラブルは、ブラックリストに載ってしまったという事例です。

すでに完済している借金に関する過払い金請求なら、ブラックリストに載ることはありません。

しかし、返済中の借金に関する過払い金請求は、ブラックリストに載る可能性があります。具体的には、取り戻せる過払い金よりも借金額が多いときです。

その際は過払い金の返還ではなく「借金の減額請求」になるため、債務整理となりブラックリストに載ります。

ここで問題になるのは、ブラックリストに載るというリスクを「知らせない事務所」があるということです。

つまり、過払い金請求することで知らぬ間にブラックリストに載ってしまった…というケースだとトラブルに発展します。

ブラックリストに載ってしまうと、その後クレジットカードを作れなかったり、金融機関から借り入れできなかったりと、大きなデメリットにつながってしまうのです。

相談は何度でも無料

まずはお気軽ご相談ください!

お電話で無料相談はこちら0120-151-022

過払い金請求のトラブルに遭わないための対策

前項のようなトラブルに遭わないためには、優良な事務所を見極めることが重要です。そのために以下の点を知っておきましょう。

詳しく解説します。

過払い金請求にかかる費用総額

まずは、過払い金請求にかかる費用総額を確認することが重要です。

特に、上述した「成功報酬と減額報酬の両方が発生しないこと」と「追加費用の有無」は依頼する前に必ず確認すべき点です。

取り戻した過払い金の内訳

また、取り戻した過払い金の内訳を教えてもらえるかも確認しましょう。要は、過払い金請求の際に明細をきちんと渡してくれるかどうかです。

明細をきちんと渡してくれるのであれば、少なくとも返還された過払い金を弁護士や司法書士が着服するリスクは防げるでしょう。

弁護士や司法書士と話せるかどうか

弁護士や司法書士と話すことは必須です。過払い金請求は有資格者である弁護士や司法書士しかできないので、当然ながら弁護士や司法書士に相談する必要があります。

相談する時点で弁護士や司法書士と話ができないと、過払い金請求できるかどうか?どのくらいの金額が返還されそうか?注意点はないか?などが正確に分かりません。

また、上述したように無資格者である事務員が交渉してしまうリスクがあるのです。だからこそ、弁護士や司法書士と話すことは必須といえます。

上記3点を確認して、優良な事務所に相談しましょう。

もし過払い金請求でトラブルにあった場合

最後に、過払い金請求でトラブルにあった場合の対策を解説します。

もし、過払い金請求でトラブルになった場合は、別の事務所への再依頼を検討しましょう。

というのも、過払い金請求を依頼していても貸金業者と和解していなければ、別の弁護士や司法書士事務所へ変更することができるからです。

そのため、依頼した事務所に不安を感じたら貸金業者と和解する前に、別の弁護士や司法書士事務所に相談することをおすすめします。

まとめ

このように、過払い金請求でトラブルになるリスクはあります。特に、返還される過払い金が少なくなってしまうトラブルは避けたいところです。

弁護士や司法書士だから大丈夫だろう…と安易に考えずに、誠実に対応してくれる事務所を見つけることが重要です。

そのためには、上述した「過払い金のトラブルに遭わないための対策」で紹介したポイントを見極めて、優良な弁護士や司法書士に依頼するようにしましょう。

プロフィール
代表司法書士 坂本孝文
  • 司法書士法人さくら事務所
  • 代表司法書士 坂本孝文
  • 東京司法書士会所属:登録番号4535号

さくら事務所の使命は借金問題で困っている方が幸せな生活を取り戻すためにサポートをすることです。

法律相談に対して「敷居が高い」と感じる方が多いのが現状ですが、私たちはお客様が安心してご相談できる環境を創っていきたいと考えております。

司法書士法人さくら事務所では累計で4万件を超えてる過払い金や債務整理などの借金問題についてのご相談をいただいております。 ぜひお気軽にご相談ください。

相談は何度でも無料

まずはお気軽ご相談ください!

お電話で無料相談はこちら0120-151-022