借金を返済中でも過払い金請求できる?完済後の請求より得する理由は?

過払い金請求は、「完済した借金に対して行うもの」と思っている人も多いでしょう。しかし、借金返済中でも過払い金請求は可能です。

しかも、借金返済中に過払い金請求した方が、完済時に過払い金請求するよりも金銭的に得するケースが多いです。とはいえ、借金返済中の過払い金請求だからこそのデメリットもあります。

そこでこの記事では、借金返済中の過払い金請求のメリット・デメリット、および完済後に請求するよりも金銭的に得する理由について解説します。

借金を返済中でも過払い金請求できる

冒頭のように、借金返済中でも過払い金請求できます。まずはその条件について以下を知っておきましょう。

詳しく解説していきます。

グレーゾーン金利での借金

借金を返済中でも過払い金請求できる条件は、「グレーゾーン金利で借金していること」です。

というのも、そもそも過払い金はグレーゾーン金利で借金していたときの「支払い過ぎた利息」のことだからです。

グレーゾーン金利とは、利息制限法と出資法の上限金利の差分を指します。以下のように、借入額によってグレーゾーン金利も異なります。

法律借入額上限金利グレーゾーン金利
利息制限法10万円未満20%20~29.2%
10~100万円未満18%18~29.2%
100万円以上15%15~29.2%
出資法関係なし29.2%

たとえば、70万円の借金をしたとします。その場合、利息制限法だと上限金利は18%ですが、出資法だと29.2%です。

そのため、18%~29.2%がグレーゾーン金利となるので、この金利で借金していた場合には過払い金が発生します。

2010年より前に借金している

ただし、貸金業者がグレーゾーン金利で貸し付けていたのは、2010年より前の借金だけです。なぜなら、2010年の法改正によってグレーゾーン金利は撤廃されているからです。

言い換えると、2010年以降の借金はグレーゾーン金利で貸し付けていないので、過払い金も発生していません。

ただ2010年以降に借金したケースでも、以下の場合には過払い金請求できる可能性があります。

詳しく解説していきます。

同じ貸金業者から連続して借金している

同じ貸金業者から連続して借金している場合は、その借入が同一の契約と見なされる場合があります。

たとえば、2007年に借金をして2009年に完済したとします。その後、同じ貸金業者から2010年に借金して現在も返済中だとしましょう。

過払い金請求には「最後の取引から10年」という時効があります。そのため、1つ目の借金に対する過払い金請求の時効は2019年(2009年+10年)です。

しかし、借金を完済してから1年以内に同じ貸金業者から借金すると、「同一の契約(借金)」と見なされる可能性があります。

つまり、現在返済中の借金と1回目の借金が同じ時効になるので、1回目の借金も「時効を迎えていない」という扱いになり過払い金請求できるのです。

クレジットカードによるキャッシング

また、クレジットカードのキャッシングは、借金完済後にクレジットカードの更新をしていれば同一の契約と判断されることがあります。

たとえば、2007年に行ったキャッシングを2009年に完済して、その後同じクレジットカードでキャッシングを繰り返しており、現在も返済中だとします。

その場合、2007年に行ったキャッシングと現在返済中のキャッシングは同一と判断される可能性があるということです。

同一と判断されれば、2007年に行ったキャッシングの時効は現在返済中のキャッシングと同じになるので、時効を迎えていません。

つまり、2007年に行ったキャッシングで過払い金が発生していれば、過払い金請求できるということです。

とはいえ、前項も含めて同一の取引と判断するかどうかはケースバイケースです。そのため、心当たりがある方は、まず弁護士や司法書士の無料相談を受けてみると良いでしょう。

借金を返済中に過払い金請求をするメリット・デメリット

次に、借金返済中に過払い金請求するメリット・デメリットを解説していきます。

借金を返済中に過払い金請求をするデメリット

まずはデメリットから解説します。借金返済中に過払い金請求するデメリットは、ブラックリストに載る可能性があることです。

というのも、借金返済中に過払い金請求したとき、過払い金よりも借金残額の方が多ければ「借金の減額請求」になります。

借金の減額請求は任意整理となるので、ブラックリストに載ってしまうのです。ブラックリストに載ると、ブラックリストから消えるまでの5年間は以下のデメリットがあります。

ただし、過払い金の「請求」をしなければブラックリストに載ることはありません。

つまり、過払い金がいくらあるか調べた結果、任意整理になるので請求しない…のであればブラックリストに載らないということです。

借金を返済中に過払い金請求をするメリット

借金を返済中に過払い金請求するメリットは以下の点です。

まず、当然ですが借金が減るので返済が楽になります。また、すでに組んでいるローンには影響ありませんし、上述したように5年でブラックリストからは消えます。

さらに、家族へバレることはありません。上記の点を踏まえると、「ブラックリスト載ったとしても特に問題ない」と感じる人もいるでしょう。

そのような方は、たとえブラックリストに載っても過払い金請求した方が良いといえます。

借金を返済中に過払い金請求をするときの注意点

借金を返済中に過払い金請求するときの注意点は以下の通りです。

詳しく解説していきます。

過払い金請求をする貸金業者が保証会社になっているカードローンを利用している

過払い金請求をする貸金業者が保証会社になっているカードローンを利用している場合は注意が必要です。

たとえば、アコムはバンクイックの保証会社となっています。そのため、バンクイックから借金していて、かつ返済を延滞しているとアコムが代わりに返済(代位弁済)している可能性があります。

つまり、バンクイックへの借金はアコムへの借金に代わっているということです。

その状態でアコムへ過払い金請求すると、借金の残額は「元々アコムでしていた借金+バンクイックでしていた借金(現在はアコム)」になります。

つまり、「借金の減額請求(任意整理)」になる可能性が高まるので、ブラックリストに載るリスクも高まるということです。

ゼロ和解を提案される場合がある

借金返済中に過払い金請求するときは、ゼロ和解を提案される場合がある点にも注意しましょう。

ゼロ和解とは、「返済中の借金を無し(ゼロ)にしませんか?」と貸金業者から提案されることです。

言い換えると、本来は貸金業者が返還すべき過払い金があるものの、ゼロ和解することで過払い金が戻ってこないということです。

しかし自分で過払い金請求すると、「交渉に慣れていない」「交渉自体が面倒」という理由でゼロ和解に応じてしまうこともあります。

このような事態にならないためにも、過払い金交渉は弁護士や司法書士へ依頼した方が良いです。

実は返済中の過払い金請求の方が完済後の過払い金請求よりも得をする

最後に、借金返済中に過払い金請求した方が、借金完済後に過払い金請求するよりも得する理由について解説します。

前提として、過払い金請求を弁護士や司法書士に依頼すると、成功報酬(取り戻した過払い金)の20%が手数料になります。

以下より、借金を完済している場合の過払い金請求と、借金を返済中の過払い金請求で「手元に残る過払い金」の違いを解説します。

借金を完済しているときの過払い金請求:実質回収率56%

たとえば、借金を完済している状態で過払い金請求をしたところ、過払い金が100万円発生していたとします。この状態で過払い金請求すると、一般的に回収率は50%~80%です。

仮に70%回収できれば「取り戻せる過払い金」は70万円なので、弁護士・司法書士事務所に支払う成功報酬は14万円(70万円×20%)です。

つまり、手元に残ってくるお金は56万円になります。そのため、過払い金100万円に対して手元に残るお金は56万円なので、実質回収率は56%です。

借金を返済中の過払い金額請求

次に、借金返済中の過払い金請求について解説します。

仮に、借金が残り100万円ある状態で過払い金請求したとき、以下3パターンで回収できる過払い金を見ていきましょう。

過払い金80万円:実質回収率94%

1つ目のパターンは、過払い金が80万円のときです。この場合、借金100万円と過払い金80万円は相殺され20万円の借金が残るので、借金の減額請求(任意整理)となります。

任意整理の場合は、弁護士・司法書士へ支払う基本報酬は数万円(仮に5万円)です。

つまり、過払い金80万円に対して75万円(80万円-5万円)回収できているので、実質回収率は約94%になります。

過払い金100万円:実質回収率100%

2つ目のパターンは、過払い金が100万円のときです。この場合、借金100万円と過払い金100万円はぴったり相殺されるので、任意整理とならず借金もゼロ円になります。

また、ぴったり相殺することで「取り戻せる過払い金額はゼロ円」になるので、弁護士・司法書士へ支払う成功報酬もゼロ円です。

つまり、過払い金100万円に対して100万円回収できているので、実質回収率は100%になります。

過払い金120万円:実質回収率93%

3つ目のパターンは、過払い金が120万円のときです。この場合、借金100万円と過払い金120万円は相殺され、借金はゼロ円、「取り戻せる過払い金」は20万円になります。

仮に過払い金20万円の70%を回収できたとすれば、取り戻せる過払い金は14万円です。その20%である2.8万円が、弁護士・司法書士へ支払う手数料になります。

つまり、借金100万円がゼロ円になった上に11.2万円(14万円-2.8万円)が戻ってくるので、過払い金120万円に対して111.2万円が戻ってくるということです。そのため、実質回収率は約93%になります。

このように、いずれのケースでも実質回収率は極めて高くなるので、借金返済中に過払い金請求した方が金銭的に得するというわけです。

まとめ

借金返済中に過払い金請求することは可能です。ただし、ブラックリストに載る可能性があるというデメリットはあります。

一方、借金完済後に過払い金請求するよりも金銭的に得するという大きなメリットがあるのも事実です。

そのため、現在借金を返済しており過払い金が発生している可能性があるなら、弁護士や司法書士へ相談することをおすすめします。

なお、自分で過払い金請求する場合は、回収率が低くなる可能性が高いです。

そのため、事務所への手数料を加味しても、弁護士や司法書士に依頼した方が取り戻せる過払い金は多くなる可能性が高いでしょう。

プロフィール
代表司法書士 坂本孝文
  • 司法書士法人さくら事務所
  • 代表司法書士 坂本孝文
  • 東京司法書士会所属:登録番号4535号

さくら事務所の使命は借金問題で困っている方が幸せな生活を取り戻すためにサポートをすることです。

法律相談に対して「敷居が高い」と感じる方が多いのが現状ですが、私たちはお客様が安心してご相談できる環境を創っていきたいと考えております。

司法書士法人さくら事務所では累計で4万件を超えてる過払い金や債務整理などの借金問題についてのご相談をいただいております。 ぜひお気軽にご相談ください。

相談は何度でも無料

まずはお気軽ご相談ください!

お電話で無料相談はこちら0120-151-022