過払い金請求をするとブラックリストに載る?載る条件や注意点を解説

過払い金請求するとブラックリストに載るのか?と不安に思う人は多いです。大前提として、過払い金請求するだけではブラックリストに載らないので安心してください。

しかし、場合によっては過払い金請求することでブラックリストに載ることはあるので、どのようなときにブラックリストに載るのか?を知っておく必要はあります。

この記事では、過払い金請求したときにブラックリストに載る条件や、ブラックリストに載らない方法について解説していきます。

ブラックリストとは?

冒頭の通り、過払い金請求しただけでブラックリストに載ることはありません。

ただし、場合によってはブラックリストに載ることもあるため、まずは以下について知っておきましょう。

詳しく解説していきます。

ブラックリストの概要

ブラックリストとは、個人信用情報が以下の信用情報機関に登録されることです。

詳しくは後述しますが、過払い金請求するときは「債務整理」という扱いになる場合があります。

その場合、上記の信用情報機関に「債務整理」という個人信用情報が登録されるため、「ブラックリストに載る」という言い方をします。

ちなみに、借入を延滞しているときや自己破産しているときなども、個人信用情報として登録されるので覚えておきましょう。

ブラックリストに載ってしまったらどうなる?

ブラックリストに載ってしまうと以下のデメリットがあります。

というのも、クレジットカードの作成やローンを組むときには審査があります。

その審査をするときに、クレジットカード会社や金融機関は上述した信用情報機関に個人信用情報を照会します。

その際、「債務整理」という情報が登録されていると、クレジットカードの作成や住宅ローンの審査に落ちたりするというわけです。

まずは、上記ブラックリストの概要とデメリットについて認識しておきましょう。

相談は何度でも無料

まずはお気軽ご相談ください!

お電話で無料相談はこちら0120-151-022

過払い金請求でブラックリストに載ってしまう条件

次に、過払い金請求でブラックリストに載ってしまう以下条件について解説していきます。

上記の条件を満たしている場合、必ずしもブラックリストに載るとは限りませんが載る可能性はあります。以下より詳しく見ていきましょう。

借金返済中に過払い金請求をして借金がゼロにならない

借金返済中に過払い金請求をして、借金がゼロにならないときはブラックリストに載ります。たとえばA社に過払い金請求をして、以下のような状況になったときです。

この場合、過払い金100万円と借金150万円は相殺されるので、残りの借金は50万円(借金150万円-過払い金100万円)に減額されます。

つまり、過払い金の返還ではなく「借金の減額請求」になるので、債務整理の扱いとなりブラックリストに載るのです。

言い換えると、借金を完済している状態での過払い金請求なら問題ありません。

また、借金が残っていても、過払い金の方が借金より多い場合も問題ありません。その場合は、借金の減額請求ではなく単に「過払い金の返還」になるからです。

クレジットカードのショッピング枠がある

クレジットカードのショッピング枠がある場合も、ブラックリストに載る可能性があります。これは前項と同じ仕組みです。

たとえば、クレジットカードのキャッシングに関して過払い金請求したとします。

その際、そのクレジットカードのショッピング枠を利用しており、以下の状況になったとしましょう。

この場合は、前項と同様にショッピング枠の支払い残を過払い金で相殺するため、借金の減額請求(債務整理)となりブラックリストに載るというわけです。

過払い金がショッピング枠より高額になっている場合には、借金の減額請求ではなく「過払い金の返還」になるのでブラックリストには載りません。

別の借金があり延滞している場合

別の借金があり延滞している場合も、ブラックリストに載る可能性があります。その際は保証会社を確認しましょう。

たとえば、アコムはバンクイックの保証会社となっています。そのため、以下の状況の場合には注意が必要です。